ライフワーク

最近このようなフレーズが流行っているように思います。

 

よくワークバランスが大事なんて言いますが、本当の言葉の意味を理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

流行り言葉の一人歩き

 

以前ここで書籍も紹介しましたし、確かに「ライフワークバランス」なんて言いますね。

 

このライフワーク。

 

皆様の中には、プライベートと仕事の両立。なんて思っていませんか?

 

日本語にするとわかりやすいと思うのですが、まさに

 

人生を捧げる仕事」なのですが、もっとダイレクトに訳すと

 

命の仕事」なんです。

 

つまり、その人の生命力を奪う仕事なのです。

 

その逆はなんだと思いますか?

死の仕事」です。多分w

 

「デスワーク」とでも言いましょうか。デスクワークではないですよ。

 

「過労死」なんかはまさしく人を殺してしまう仕事にもなりうる、と言うことなのです。

 

自分の情熱にエネルギーを注ぐのではなく、無駄なことにエネルギーが奪われて行く。

 

私の中では無駄な会議なんかがそれに当たるわけですがw

 

サラリーマンはとても利口です。

 

自分の望むところではない形でエネルギーの消耗を文句ひとつ言わず提供しているし、その現実も知っているからです。

 

本当に充実している人というのは、周囲は気づくものです。

 

人は「どのように生きているかをわざわざ発しなくても」そう言うメッセージを出しています。

 

でもなかなか全員がそうなっているわけではありません。

 

口では言うけど、実際に実行できない人が大多数です。

 

私個人的には、「その覚悟が伴っていない」と思うのです。

 

なりたい姿になるためには、多少なりともエネルギーを込めなければなりません。

 

ぼーっと過ごして、なりたい自分になれるはずがありませんから。

 

ちゃんと考えて、それなりのイメージを受け入れる体制が自分自身になければ、

 

なりたい自分や理想的な自分には到底なれないのです。

 

特にサラリーマンは活き活き、時には楽しく生活するのが悪いことだ、とさえ思っています。

 

私たちが、新しい生き方や考え方を広げて行くことで、その先に大きな明るい未来が待っているのではないでしょうか。

 

今日は幸福系っぽくなりました。

ココココ

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。