孫子の兵法

孫子の兵法が生まれたのは、紀元前500年前後であり、中国の春秋戦国時代のなか群雄が割拠し、なかでも斉・晋・楚・呉・越の5国が有力国と言えたが飛びぬけた国がおらず、変化が激しく極めて高い戦略性が求められた時代である。「孫子」は武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康、ナポレオンといった軍事戦略に富んだ人物に加え、ビル・ゲイツ、孫正義などの経営者にも重宝され、そういった意味では今も隠然とその影響力を保っていると言える。

 

私が孫子に興味を持ったのは日露戦争において、東郷平八郎がバルチック艦隊を破った時に使った丁字戦法が『孫子』の「逸を以て労を待ち、飽を以て飢を待つ」(軍争篇)の言葉があったと言われていたことがきっかけである。

 

最近、友人から「本を読むようになった」と報告があり、「孫子」を読んでみようと思う。と言っていたので、孫子の兵法について少し書こうと思う。

 

「孫子の兵法」は「戦争論」よりも2,300年以上も前に書かれたことはまず驚きではないでしょうか。

 

もともと経営戦略は、限られた資源を有効活用し相手を打倒することが目的である点において軍事戦略に類似しており、各プレーヤーが競争に打ち勝つべく凌ぎを削っている中で他を圧倒するための考え方である。

 

今のサラリーマンやビジネスマンにとっても大変意味のある書物だと思う。

 

近代化していく世の中にとって、ものやサービスはどんどん形を変えて、進化しているが、「孫子」の兵法はどの時代にも当てはまると思うし

 

やはり考え方はいつの時代も不変である、と信じている。

簡単ではあるが、3つほど紹介しようと思う。

 

安易に結果を求めない

 

兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり

戦争は国家の一大事。それによって国民の生き死にも国の存亡も決まるのだから、安易に行ってはならない(訳)

 

『孫子の兵法』が生まれた時代は、群雄が割拠した春秋戦国時代。

有力国が覇権を争う中で、戦いには勝っても国民が疲弊し国力が衰え滅亡した国もある。

 

現代では過度な「成果主義」が独り歩きし、営業成績だけを上げることだけを考えてはいないだろうか。

本当に大事なのは、瞬間の成功よりも、長く続く繁栄の道を取ることなのだ。

自分が「時間の主導権」を握る

 

凡そ先きに戦地に処りて敵を待つ者は佚し、遅れて戦地に処りて戦いに趨く者は労す

およそ戦いにおいては、先に戦場に到着して敵の到来を待つ軍隊は楽だが、後から戦場に到着して戦わなければならない軍は相当苦労する。(訳)

 

対策が後手後手に回っている状況では、時間への対応にも問題への対応にも追われる、ということは過度にストレスフルと言える。

問題は自分が「時間の主導権」を握れていない、という状況にある。

 

ではどうすれば自分が時間の主導権を握ることができるのだろうか。

そのためには、自分が時間の主導権を楽に握れる「朝時間」の活用が良いと思う。

私自身hishi.netも朝と寝る前に時間を創り、充てている。

早起きは三文の徳。

朝の時間を使って先回りできる人こそが、「勝てる人」なのである。

 

 

 

「自分」を把握してから勝負を挑む

 

彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。彼れを知らずして己を知れば、一戦一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし

相手のことを深く知り、自分と味方のことをよくわかっていれば、100回戦っても負けることがない。相手のことをよく理解せず、自分と味方のことはわかっている状態では勝ったり負けたりする。相手のことも自分のことも把握できていなければ、戦うたびに負ける危険がある。(訳)

 

本当に勝てる人というのは、自分の強さも弱さも知り抜いた人。自分に足りないものがあるときは、決して無理な戦いはせず、自分の強さが発揮できる場面でこそ勝負をかける。

行動を起こすときは、まず、自分自身を顧みる。決断するのは、その結果を把握してからでも決して遅くはないのだ。

 

最後に

 

『孫子の兵法』の魅力は、戦場全体を客観的に見ている点である。戦いに勝つためのヒントが得れるし、先が見えない状況でも、その教えによってまるで視界がスッと開けたように新たな道が提示される。

孫子の教えを学べば、環境が複雑化する時代をよりよく過ごし、さらに充実したこれからを迎えることができるのである。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。