コミュニティドリブン

駆動すること、と訳せますが「突き動かされる」事はありますか?

 

私は人との繋がりを感じた時に「ドリブン」します。

 

コミュニティに基づいて私の気持ちは動きます。

 

それはどういう事でしょうか。

 

今はソーシャルコミュニティが活発になっていますが、様々な情報は大半SNSでとっています。

 

コミュニティとは本来目的を叶える手段の一つですが、逆転の発想で、コミュニティを目的として対話することが多くなっています。

 

 

先日も、ある方との出会いによって新しい発見がありました。

 

彼のことを知ってから一ヶ月も経っていません。それは知人の紹介から始まりました。

 

「情熱的な人物がいるので、是非お会いしてみてください」と紹介された彼こそ

 

結果的に私が会ってみたいと思っていた人物像でした。

 

サラリーマンを40歳手前で引退し、あらゆる国を股に掛けビジネスをしていました。

 

先週まで中東に行っていたという彼は日本と海外のビジネスの考え方の違いを説明してくれました。

 

まるで「ユダヤ人、大富豪の教え」の中にいるような感覚を覚えました、映画の登場人物というか。。。

 

彼が人生の中で生きていく、ビジネスをする上で大事な価値観を一つ、教えてくれました。

 

「wisdom is better than weapons of war」

 

知恵は武器にも勝る」と言うことでしょう。

 

「知恵は全てを凌駕する。hishiさん、どんどんアイディアを出して行った方が良い、執着はよくない。」

 

人を惹きつけるその話し方はまるで著名人の言葉のようでした。

 

さらに世界のスタートアップがどのような状況か、イノベーションが起きる環境とはどのような環境か、時間はあっという間に過ぎ去って行きました。

 

私の拙い考えにもしっかり、耳を傾けてくれました。

 

また何かやるときは相談に乗るよ、報告してね。と。

 

自分がこのwebを通じて成長できたな、と思えることは一つあるんです。

 

それは「どんなに未熟な自分でも、誰かと話すときは自分を前面にさらけ出していく」ことです。

 

まだ自分の話はいいや」「今度機会があれば話そう」とか思っていると、どんどん置いていかれるのがわかりました。

 

自分をさらけ出すリスクをとること。これはとても大事な気がします。

 

日本にいるのは数ヶ月、一年中世界を飛び回っている彼と再開する日まで、またいろんな報告ができたらと思います。

 

まずは筋トレの成果でも報告しようかと思いますw

 

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。