同志

今日は以前一緒に働いていた後輩と食事をすることに。←日付変わっちまったよ

というのも、新しい刺激を求めていた私にとって「誰かいないかな〜」と思っていたところ

「あ、いた」と。

肝心な男がいたことに気づき、ジムの最中に久しぶりに連絡

「今度食事でもしよう、最近なにしてんの」と連絡。

「行きましょう」の二つ返事で快くOKをくれました。

 

外資系に勤めている後輩で、うちの会社を辞めてからもう4年の月日。

 

辞めて以来一回も連絡をとっていなくて、でも頑張っているだろうなと思っていました。

 

彼はSNSを通じていろんなことをしていた人物であり、活躍は知っていました。

 

まぁこういう形で会うと昔話で花が咲くものなんですが、やっぱり会う人物は間違っていなかったです。

 

会った瞬間ガッチリと握手w ←サラリーマンはやたら握手したがるんですよww

 

「元気?」

「もちろん、ご無沙汰です!!」とまぁアグレッシブだなと。

 

それから4年間の話をお互いした後、お互いの将来について話が盛り上がるんです。

こういう時、とても充実してるな、と感じます。

私は少年のように夢を話し合う時間が一番好きなのです。

サラリーマンだと、どうしても仕事の愚痴が出がちですがそれは話のネタ程度であって。。。w

 

一緒に頑張っている同志だからこそ言い合える、どうしても付き合いが長いと、何かを語るのに照れは出てしまうのですがそれを真剣に聞いてくれるんです。

 

期待通りの話をしてくれた後輩。

なんの遠慮もない否定とアドバイス。

「うん、うん」と聞きながら改めて「歳なんか関係ないな〜」と思いました。

 

「で、私にできることはありますか?」

「うん、また色々教えてよ」

 

私自身自分でできることは限られている、しかももう30代。

でもこうやって周囲の力を借りれば怖いものなどないと思う。

自分の周りにはこんなにも頼もしい人たちがうじゃうじゃいる。年上とか年下とか本当に関係ない。

なんで今までもっと見渡そうとしなかったんだろう。力を借りないと損だ。

改めて何か始めることに遅いことはないと思い出させてくれました。

 

私は今自分の時間の生産性を向上させ、フル回転でやりたい事をなんでも試したい、と思うのです。

 

色んな理由を並べてチャレンジをしないという選択は自分にとって「言い訳」でしかないと思っています。

 

世の中、浮き沈みがとても激しい、すぐ活躍できる時もあれば、またすぐ沈んでいく。考え続けなければ価値はない。自分の働き方によって誰かを幸せにしたいんですね。

10年後、保証なんてどこにもない。もっとフル回転で仕事をしないといけないと思います。

世の中を良くするために、イノベーションを起こしたい。

自分頑張れ!!

 

では。

2 件のコメント

    • コードTさん
      自分が発信する事によって誰かの活力になれたらそれはとても嬉しい事です。
      是非ご自身の考えを加えて、良いことはシェアしていきたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    hishi

    小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。