フィットネス×IT

今日は金曜日、最近飲んでばかりだったので、本日はスポーツジムで汗を流してきました。

 

私は定期的に体を動かしていないとダメなんです。一回でだいたい1時間30分くらい運動します。

 

特にお酒は要注意です。体にすぐ表れてきますから←年々むくみが出てくるように。。。

一杯飲むと、神経が麻痺し、止まらなくなります。同時に食事も出てきますし。

 

みなさん、本当に振り返って後悔する前に是非、適度な運動をお勧めします。

 

ジムといえば最近スポーツジムのニュースが最近多く出ています。

いつの時代も健康志向ですね。

とても良いことですが、

フィットネス業界って意外に楽ではなく、業界内再編が激しい業種の一つです。

私の家の近くのフィットネスクラブも名前がタイヤメーカーに変わっていました。

 

個人営業でやっている経営者は少ないと思います。フランチャイズ加盟店や昔ながらの個人営業はもちろんあります。

 

設備に莫大な先行投資が必要なので、ある程度のスケールメリットが必要になるからです。

 

先日ニュースで仮想現実(VR)の技術を使った新業態を打ち出した大手フィットネスクラブがありました。

VRですよ、面白そうですね。ジムもアトラクション化する日がきますね。

 

同技術を使い、利用者がリアルな感覚を覚えることができるそうです。

 

そもそもフィットネスクラブは他社との差別化が難しく、話題性がとてもポイントになるんです。

 

大手フィットネスの売上営業利益率は平均5%以下という薄利で経営してますのでこれからはこういった新しいアイディアは必須ですね。

 

しかし残念なことに近年、若者があまりフィットネスに通わないらしいのです。

 

クラブ会員の半分以上は40歳以上とのデータも。

 

これはフィットネスに限ったことではありませんが、

車も一例です。

たまたまヤフーニュースに載っていました。

先日スカイラインが60周年を迎えました。還暦です。

去年のスカイラインの販売台数は4千台だそうです。これは最盛期の40分の1だそうです。

ってことは16万台も売れていたということです。←昔はGT-Rも一緒でしたので。

 

ともかくみなさん、健康第一ですのでしっかり資本を鍛えて(身体は資本ですから)免疫をつけておきましょう。今度私の食事法なんかを載せてみたいと思います。

小学生の時の好きな本は身体の為の「ビタミンバイブル」でした。本当ですw

 

 

今やフィットネスや家電もITでつながり、広告もITで広がりをみせています。

 

成熟した市場を活性化するのはあきらかに「×IT」の存在は不可欠です。

 

こんなに身近に「ITやIoT」があるのに、その中身をあまり知らない自分がいます。

 

興味あるうちに調べたりしないとすぐ冷めてしまう性格なので。

 

「鉄は熱いうちに打て」ですね。

 

今後予想もしなかったアイディアがどんどんでてくると思います。

 

世の中をを変えることは意外と身近にあるものかもしれません。

 

では。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。