新しい出会い

最近新しい出会いがとてもあり、公私共に充実しています。

 

ようやくその重要性がわかってきたように思う。

 

どうしても組織内で仕事をしていると、そのコミュニティから積極的に外へ出ようとせず、内輪で解決することが多くなっているように思います。

 

というか新しいコミュニケーションも面倒なのか、自然に内輪が心地よく、あまり出なくなります。だって出なくても日常に支障はないとも思うんです。

 

よくSNSで友人や他人の行動や出来事を見る時に、いろんな人に会っているなー、アグレッシブだなぁと関心してしまったりします。

例えば

「そんなセミナーなんか行ったってしょうがないでしょ、時間の無駄」と思う時もあって。完全に内向き思考ですね。

 

最近新しい人に会っていない、これが今回のテーマの発端で、今まさに仕事に対して大きなモーターがなくても特に問題なく、仕事やコミュニケーションが取れてしまっています。

 

「安定」とは実に良い言葉であるが、時に「後退」を意味する時がある。

 

ぬぬ、後退か。。。髪の毛はまだある。ぎり。

 

そんな時、一人の後輩が電話で「今年はちょっと何人に自分の自己紹介をしたか、一日一日数えようと思うんです。要は広がってるか、ということです」と言った。

 

「オォ後輩君!その通りなんだ、それが必要なんだ、もっと自分を活性化して、日々アップデートすることが必要なんだ」と感じたんですね。

 

今までの自分はどうだったか振り返って見ると、

 

入社してまだ若い頃は、右も左も不明なまま、いろんな社員と接することができていて、

これはまだ自分の入社した村に何があり、誰がいるのかもわからなかったので、それこそ自然と刺激があったと言うことだと思います。

 

数年前、本社にいた頃も、外部との打ち合わせや企業間の交流、あらゆる業者との会議、全国規模の情報収集をしていたため、自分から動かなくとも、まぁ。刺激はあったと思う。

 

そして今、経験を通して程よく大きくなったエンジンを積んでいる事に気づくと同時に、それを有効に活用しなくとも、エネルギーをさほど使わなくとも、成果を出せるスキルを身につけていた自分がいます。

 

これは私の中で良いことではなく自分の中にあるエンジンを十分に活かしきれていない、と言う「後退」局面でした。

 

それは「新しいこと」が全く出来ていない事でもありました。

新しいこととは「新しい出会い」です。→私の中ではコレ

 

自分から動く、というすごく基本的な行動をとるようにもう一度行動しようと思います。

 

今までとは違う全く新しいことにチャレンジするということは、すごく面倒なことですが、充実するものですよね。

皆さんは新しい事やチャレンジをしていますか。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。