働き方改革を考える

今日は入社式ですね。新入社員の皆様、おめでとうございます。

今年の新入社員は推測89万人だそうです。

ワークライフバランスを重視する新社会人は年々増えており、働き方改革への関心は依然高まっているように思います。

これからの時代、どんな働き方がスタンダードになるのでしょうか。

特に最近は残業問題や労働環境の悪化など、メディアや新聞を見るたび、考えることが多くなってきました。

 

「働き方改革」

 

今までそんなに劣悪な環境だったのでしょうか?

今までの働き方は少なくとも日本経済を支えてきているはずです。

それとも時代の流れでしょうか?

 ↑ 環境が変わってきている以上これはあると思います。

サラリーマンの中にも問題意識を持っている社員もいると思います。普段から社員同士レベルでも不満は尽きませんし、改善点は山のようにでてきます。お酒が入っている時は特にですね。

でも大枠の解釈になると、それが企業のカラーだともいえてしまいます。いわゆる企業風土です。

 

私は入社してからこれらの働き方について、常に問題意識をもっていました。

一緒に働く上司や部下の社内環境によっても異なります。

私も働く中で、尊敬する上司や、気付かされる後輩にたくさん出会いました。

例を挙げるなら「バリバリ仕事をこなす」事が企業風土の企業は

「長時間労働」というスタイルこそ、やればやるほど評価されていましたし、「あの人って土日も休まず仕事しているらしいよ」というのも、カッコよく見えるものです。

そういう企業こそ

部下に「趣味に走ってる暇なんてない、時間があるんだったら仕事しろ」と言っている上司や

「俺もあの上司みたいにバリバリ仕事していくんだ」と意気込む社員も多いと思います。

日本企業の大半は当てはまるのではないでしょうか。

 

時間をかけて取り組む=評価に値する

これは「頑張ることに意味がある」ことを美としてきました。

生産性を考えれば最悪です。一人当たりの利益率は下がる一方です。

しかしここでいう生産性は違うのです。

「一体感が生まれる」事を表しています。

「無駄な会議」は典型的です。

会議の中には大事なものもありますので全て否定はできませんが、

なにかと個別会議をする会社も多いと思います。

それは日々のコミュニケーションで何とかならないか、と思うのですが、大半の企業は日中の雑談は「タブー」なのではないでしょうか。

最近まで受験ドラマ「下剋上受験」が放送されていました。

私は同僚に本を借りて読んだのですが、まさしく「働き方」を考えるにふさわしい一文がありました。

「頑張っていることを評価してもらおうとしてはいけない。結果が出て初めてプロセスを正当化できる。プロセスが大事ではなく、結果にこだわるから評価されるプロセスになるんだということに気付かないといけない」

ということでした。深いですwww

物があふれかえり、少子高齢化が進む世の中。

働く「意味」や「豊かさ」「価値」の定義が明らかに変化してきています。

働かされていることから自ら考えて働く、まさに「ライフワーク」を考えてみてはどうでしょう。

では。

2 件のコメント

  • 日本の企業はリストラが簡単に出来ないので、好況時に安易に人を増やせず、残業することになりますよね。

    • サクさん、おっしゃる通りですね。仕事の大半は派遣で済むことがおおいです。しかしその効率化は雇用創出が容易ではなくなりますし、今いる社員の中で動かすことになります。結果的に働き方改革が進みにくくなりますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    hishi

    小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。