初心者の私がwordpressを始めた3つの理由

突然ブログを開設。それも初心者では敷居が高いからやめといたほうが良い、と言われたwordpress参入。

何故今更使う必要のないサラリーマンが突然このような行動に出たか、その理由は次にある。

1、時代の変化

今働いていて思うこと、それは時代の変化がものすごく早いということ。そしてその変化が著しく早い業界は紛れもなくITであると勝手に思っている。もうすでに時代遅れ感は否めないが、この成熟した日本に新たな巨大メーカーや小売産業が出てくる可能性は低く、むしろM&A等の業界再編が盛んに行われている。統廃合は避けて通れなくなるこの時代にどのように生き残っていくのか。企業間の話だけではなくなって来ている。今小学校の経済の教科書には一体なんて書かれているのだろう。私は日本の高度成長期に企業が急成長し、その果実を食いつぶしてきていると思っている。これからの時代、IT業界やその中身を知らずして社会を語れるのか。否、語れないと思っている。

2、スキルアップ

では別に自分がわざわざ動力をかけて参入する必要があったか。多分普通に過ごして入れば「ない」だろう。でも私は普通じゃないのか。むしろちょっと変わっているのかもしれない。普通に昇格して入れば多分順調であったに違いない。(またゆっくりと書こうと思う)ともあれ、これからは先を読む力がますます重要になってくる。その時に蚊帳の外から見ていることは許されない。小さい頃からスポーツを中心とした生活であったため、頭は空っぽ。でもこの先、この業界を知っていた方が変化に対応できると思う。今まではなんとなく苦手意識があり、食わず嫌いだった。これからはどういう形でも良いから少しづつ足を踏み入れてみようと思う。ITはなんとなく知っている。これが今の現状だ。日進月歩な今、自分のスキルアップのためにも暇があれば弄っていきたいと思う。

3、自分の夢

今はまだぼんやりしているが、いずれ形にしていきたい。これは良いスタートアップなのかもしれないと思っている。顧客のニーズは日々進化している。大衆化から小衆化。今までは大手が作る流行りに消費者が合わせるのが普通だった、今は個に合わせないと勝ち残れない。同じく生産者も変化して行かなくてはならない。私の場合はこれ、コンテンツマーケティング的なとでもいうのか(専門家が聞いたらもうこのサイトは見られなくなるだろうw)、自分がそれを今生み出せているとは思えないが、いずれそうしていきたい。20代はがむしゃらに働いたし、今もその気持ちは変わらないけど、人生一回。あまりにも時間が過ぎるのは早いと感じている。しかもサラリーマンは良い意味でルーティーンが多い。決められた業務を、与えられた役割を最大限こなし、一日、また一日が風の如く過ぎていく。そんなんで終わる気はない。ここから第3章のスタートを記したいと思っている。

 

だらだら長くなったけど、まぁこんな感じです。この業界のことを少しでも知りたいという結論でした!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hishi

小児喘息には水泳が良いとの理由で幼初期から水泳を始め、大学まで本格的に水泳に打ち込む。高校で全国大会優勝経験をし、世界ランクイン。大学でもほどよく活躍したところで引退。一転、育った環境からまったく畑違いな金融機関に入社。30代サラリーマンです。